作業療法士(OT)|回復期リハビリテーション.net

作業療法士(OT)|回復期リハビリテーション.net

作業療法士(OT)

  • 作業療法士は国家資格を持つリハビリテーション専門職の一つ。
    身体的、精神的に障害のある人が自分で生活ができるようになるよう、「着替えをする」「入浴をする」「料理を作る」「仕事・作業をする」というように、日常動作や仕事、遊びなどの作業活動を通じて、体の諸機能の回復・維持を図ります。

    例えば後遺症によって腕や手が自由に動かせない人には、服の袖を腕に通し、首を通し、ボタンをとめるといった一連の動作に一つ一つ慣れてもらったり、道具を使って指の曲げ伸ばしの訓練をしたり。職場復帰を見据えて実際にパソコンを操作する訓練や、園芸や書道などの趣味的な活動もあります。

  • 作業療法士(OT)

実際に働く人たちのインタビューはこちら!

  • 鍵を握るリハビリ開始時期は発症から「2ヵ月以内」
  • 回復期リハビリ病棟で入院できる期間「最長180日」
  • リハビリを1日で受けられる時間「最大3時間」
  • 回復期リハビリテーション病院の病棟基準「3段階」
  • 回復期リハビリに関わるスタッフ「9種類」
  • リハビリ療法の種類は理学療法・作業療法・言語療法の「3種類」
  •  リハビリ実地日数は「365日」
  • 高い住宅復帰率は「85%以上」
  • 患者さんとリハビリスタッフの割合「1.5:1」