薬剤師インタビュー|回復期リハビリテーション.net

薬剤師インタビュー|回復期リハビリテーション.net

トップ > 働くスタッフインタビュー / 薬剤師

働くスタッフインタビュー / 薬剤師

薬剤師

プロフィール

薬剤師になった当初は臨床の現場を見てみたいと思い、急性期病院に勤務しその後回復期へ。趣味は体を動かすこと。得意なスポーツはテニス、マラソン、ゴルフ、スノーボード。

薬剤師の役割

投与量や副作用、薬同士や薬と食事との飲み合わせに注意を払い、内服薬や注射薬を安全かつ確実に調剤。持病のある患者さまに対しては、医師と相談の上で、既に使用している薬の継続または変更などを判断・調整します。看護師と連携して薬物療法全般をサポートします。

医師も頼りにする薬の専門家薬への理解を深め無理のない投薬を提案

医療事故を起こさないために欠かせないのが、薬局内での連携と看護師やリハビリスタッフとの情報共有。お互いの業務を理解し尊重し合って話を進めることが大切です。

日々の業務では、自分が提案した処方を医師が納得し患者さまに効果をもたらしたときや、事前に副作用を見つけられたときは本当に良かったとホッとします。

薬の効果や使い方も熟知。安全に回復へ
向かえるようサポート

回復期は急性期のように各科の医師がそろっているわけではないので、薬剤師が幅広く薬全般について知っておくのはもちろんのこと、感染症などについても専門性を高めていく必要があります。また、できるだけ政府が推奨する後発品の中でも安全性の高い物を選び、医師にも患者さまにも納得の上で使用していただけるようにするのも重要な役目ですね。