薬剤師|回復期リハビリテーション.net

薬剤師|回復期リハビリテーション.net

薬剤師

  • 薬剤師は、いわば薬のプロフェッショナル。内服薬や注射薬を「安全に、確実に」調剤することを最大のミッションとして、投与量や副作用、薬同士や薬と食事との飲み合わせに最善の注意を払い、粉薬が飲めない人にはオブラートで包んだり、嚥下障害のある(飲み込むのが難しい)人にはゼリーで包んだり、個々の患者さんに最も適した形で提供します。

    中には入院のきっかけとなった病気やケガだけでなく、もともとの持病に対して薬を服用している患者さんも少なくありません。そこで薬剤師は他院で処方された薬についてもチェックし、医師と相談の上で、使用の継続や種類・量の変更などを判断・調整します。

    また、退院後の服薬も視野に入れ、看護師やケアワーカーと連携しながら薬の服用方法や管理方法などの薬物療法全般をサポートするのも、薬剤師の大切な役割です。

  • 薬剤師

実際に働く人たちのインタビューはこちら!

  • 鍵を握るリハビリ開始時期は発症から「2ヵ月以内」
  • 回復期リハビリ病棟で入院できる期間「最長180日」
  • リハビリを1日で受けられる時間「最大3時間」
  • 回復期リハビリテーション病院の病棟基準「3段階」
  • 回復期リハビリに関わるスタッフ「9種類」
  • リハビリ療法の種類は理学療法・作業療法・言語療法の「3種類」
  •  リハビリ実地日数は「365日」
  • 高い住宅復帰率は「85%以上」
  • 患者さんとリハビリスタッフの割合「1.5:1」