人工関節置換手術の後遺症、リハビリ|回復期リハビリテーション.net

人工関節置換手術の後遺症、リハビリ|回復期リハビリテーション.net

トップ > 脳疾患・骨折・関節手術の後には / 人工関節置換術後には

人工関節置換術後には

ひざ関節置換術ってどんな手術?

股関節や膝関節が加齢やケガ、関節リウマチなどにより、関節を痛みなく滑らかに動かす軟骨や骨がすり減って、立ったり座ったり、歩くときに痛みが生じ、日常生活が困難なときに人口関節置換術を行います。
人工関節は金属やセラミック、プラスチックなどでできていて、傷んでいる関節部分(軟骨や骨)を削って入れ替えます。 最近では筋肉の損傷を減らす手術方法や、術後の痛みをくすりで和らげる方法もあります。これにより、手術後早期から歩行訓練が可能となりました。

残りやすい後遺症は?

人工股関節では脱臼する心配があります。脱臼しないためには、股関節を曲げすぎたり、捻りすぎたり、深くしゃがみこんだりしないようにしなければなりません。和式の生活スタイルでは注意する姿勢があります。
人工膝関節では正座まで可能な方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は正座までできないことが多く、洋式の生活スタイルになります。また負荷が軽いスポーツならば可能ですが、負荷が大きいスポーツは人工膝関節の消耗が早くなる可能性があり、あまり勧められません。

リハビリテーションの必要性

人工関節を行う患者さんは高齢の方が多く、手術前は痛みのためにあまり動くことができないので、なおさら筋力低下や関節が硬くなっているケースが多いです。人工関節により関節の痛みはよくなりますが、既に固まった筋力や関節の硬さがすぐに回復するわけではありません。
人工関節後は筋力強化や関節の動きをよくすることにより、快適な生活を送ることが可能となります。また、人工関節の脱臼などを防ぐためには生活の仕方も学んでいくことが必要です。