理想のリハビリ期間365日|回復期リハビリテーション.net

理想のリハビリ期間365日|回復期リハビリテーション.net

トップ > 覚えておきたい回復期の大事な数字 > 回復期リハビリテーションの理想のリハビリ日は365日

回復期リハビリテーションの理想のリハビリ日は365日

病棟によっては、日曜日や祝日はリハビリテーションを休み、基本的には平日でリハビリテーションを行いますが、休日をはさまずいつでもリハビリテーションを受けられる施設も。
毎日休まず365日リハビリを行うというと、とても大変でつらいと思われるかもしれません。でも実は、休日を挟むことで動きを忘れてしまったり、せっかく筋力がついてきたのに連休があったために衰えてしまったりと、回復期におけるリハビリテーションにとって、休日はマイナスの要素もあるのです。
もちろん、患者さんの状態によっては休日を設けることもあります。休むべきときに休み、必要なときに必要なリハビリを受けられるという「365日」のケアは、回復期リハビリテーションの理想的な形といえるでしょう。
また、回復期リハビリテーションにおいては機械や道具を使ったり、特別な訓練をすることだけが「リハビリ」ではありません。病棟内で生活をし、スタッフや患者さん同士でコミュニケーションをとることも「リハビリ」。回復期リハビリテーション病棟のスタッフはいつでも患者さんをサポートし、一日も早く日常生活へ復帰できるよう努めています。

  • 鍵を握るリハビリ開始時期は発症から「2ヵ月以内」
  • 回復期リハビリ病棟で入院できる期間「最長180日」
  • リハビリを1日で受けられる時間「最大3時間」
  • 回復期リハビリテーション病院の病棟基準「3段階」
  • 回復期リハビリに関わるスタッフ「9種類」
  • リハビリ療法の種類は理学療法・作業療法・言語療法の「3種類」
  •  リハビリ実地日数は「365日」
  • 高い住宅復帰率は「85%以上」
  • 患者さんとリハビリスタッフの割合「1.5:1」