ソーシャルワーカーインタビュー|回復期リハビリテーション.net

ソーシャルワーカーインタビュー|回復期リハビリテーション.net

トップ > 働くスタッフインタビュー / ソーシャルワーカー(SW)

働くスタッフインタビュー / ソーシャルワーカー(SW)

ソーシャルワーカー(SW)

プロフィール

大学卒業後、回復期リハビリテーション病院でソーシャルワーカーとして勤務後、なるべく入院を断らないという「巨樹の会」の方針に共鳴して転職。2015年4月、原宿リハビリテーション病院開院と同時に医療連携室主任に。

―役割を教えてください。

ソーシャルワーカーは患者さんが退院後にご自宅でなるべく自立した生活が送れるよう、さまざまな問題解決の手助けをする役割です。患者さんやご家族と定期的に話し合い、入院中および退院後に想定される困り事を聞き取り、その課題を解決・改善できる社会制度から暮らしをサポートする自宅設備まで幅広く情報を提供します。各病棟に配属されたソーシャルワーカーは日頃から患者さんとふれ合い、病棟の医師、看護師(前述と同様)、リハビリテーションに携わるセラピストと情報共有し、その方に合った支援をご提案します。また医療連携室に配属され、回復期リハビリテーション病院に入院する方の相談に対応する役割もあります。

―医療連携室のソーシャルワーカーの仕事はどのようなものですか?

まず医療連携室とは、地域のクリニックなどの医療機関と連携を図り、よりスムーズに医療提供をするための機関です。ソーシャルワーカーとしては、急性期病院を退院され、社会復帰をめざしてリハビリを始める方を受け入れるため、前の病院に勤めるソーシャルワーカーから情報提供を受けて準備を進めるほか、患者さんやご家族から直接のご相談にも対応しています。相談内容は医療費や生活費といった経済的な問題、退院後の働き方、病気や治療の心配についてなど、患者さんの暮らしに関わること全般です。医療連携室は患者さんの退院まで支援する役割もあり、慣れ親しんだ地域でその方らしい暮らしを続けるために、どんな福祉サービス・福祉施設を利用したらいいかなどの情報提供も行っています。

―なぜ今の職業に就こうと思ったのですか?

自宅近くにあった障がい者スポーツセンターで皆さんが生き生きと活動する様子を見て、そうした元気を支えるリハビリの仕事に興味を持ちました。さまざまな職種の中でソーシャルワーカーをめざしたのは、障がいのある方から「福祉制度を利用できたから社会復帰が早まった」というような体験談を聞き、生活を支援する情報の大切さに気づいたからです。そして体や心がある程度回復した患者さんが、ご自宅でその人らしく暮らせるような情報を提供したいと考え、最初から回復期リハビリ病院のソーシャルワーカーになろうと決めました。

―どんなところにやりがいを感じますか?

患者さんがご自宅での暮らしを楽しみに、笑顔で退院されていくときはうれしいものです。さらにしばらくたって、「最初は家の中にいることが多かったが、今では電車に乗ってよく外に出かけてる」「脊髄損傷になって社会参加も難しいと思っていたが、最近は車であちこち出かけるようになった」といった回復した状況が伝わってくると、その方の次の人生につながる関わりができてよかったと感じますね。また、患者さんから「知人に相談を受けたとき、以前病院で聞いた話をアドバイスしたんです」というようなエピソードを聞くと、私たちがご提供した情報が目の前の患者さんだけでなく、広く役立っているのだと実感します。

―逆に、どんな時に仕事の難しさを感じますか?

急性期病院の紹介でお見えになった患者さんとご家族は、「今いる病院に退院と言われたが、本当に自宅に戻って大丈夫か、どうしたらいいのか」と混乱されていますから、入院という次のステップに気持ちを向けていただくまでは本当に難しいですね。通常は1時間程度の相談時間が4、5時間に長引くこともあります。また入院希望の患者さんはできる限り受け入れる方針ですが、中には「本当にリハビリが有効だろうか?」と判断に迷う相談もあります。そして院内ミーティングでも「受け入れる」「再考が必要」と意見が割れたときなど、医療連携室として他のアプローチがあったのではと反省します。その方の病状をより肯定的な見方で院内に伝えれば、もっとスムーズな受け入れができたかもしれませんから。

―患者さんと接する上で大切にしていることはありますか?

患者さんやご家族の言葉や考えを決して否定しないことです。非常にネガティブな思考だったとしても、そうした発言や考え方になるには何か理由があるはず。相談に来られる方は「これを聞いて欲しい」といった気持ちも強くお持ちですから、それらをいったん受け止め、さらに「次に進むためにどうするか」という見方ができるような相談を続けていきます。骨折だったらこれ、まひが残っているからこのやり方で……など画一的な対応ではなく、その方の家族構成や生活背景、その家ならではの文化なども大切に、個別の対応をするよう心掛けています。