基本は3種類|回復期リハビリテーション.net

基本は3種類|回復期リハビリテーション.net

トップ > 覚えておきたい回復期の大事な数字 > 医療リハビリテーションの方法は3種類からなるのが基本

医療リハビリテーションの方法は3種類からなるのが基本

回復期リハビリテーションで受けられるリハビリサービスは、多岐にわたります。疾患によって不具合のある内容は違いますし、人によっても変わってくるためです。例えば、脳卒中により言葉がうまく発せられなくなった人と、骨折で歩けなかったり、生活動作が不自由になったりした人では、同じリハビリにはなりません。また同じ疾患でも患者さんごとに重症度や、発症年齢なども異なりますので、一人ひとりに合ったリハビリが必要になります。
回復期リハビリテーション病棟では、あらゆる患者さんの状況を想定し、それぞれのゴールを設定した上で、リハビリ内容を決定します。 回復期リハビリテーション病棟で行われるリハビリ内容は、大きくわけると「理学療法」「作業療法」「言語療法」の3種類があり、その中で一人ひとりへ合わせて組み合わせていくのです。

理学療法

理学療法士(PT)が担当。運動器官のリハビリを行う。起きる・立つ・座るといった基本動作のトレーニングや、歩行訓練など。リハビリ内容によっては、専用のリハビリ機械や用具を使うことも。

作業療法

作業療法士(OT)が担当。身体的、精神的に障害のある人が自分で生活ができるようになるよう、「着替えをする」「入浴をする」「料理を作る」「仕事・作業をする」というように、日常動作や仕事に近い動き、作業活動を通じて、体の諸機能の回復・維持を図る。

言語療法

言語療法士(ST)が担当。「聞く」「話す」「物を飲み込む」といった言葉や聴力、嚥下(飲み込み)に関わる障害の改善訓練を行う。専門的なプログラムにより、人対人のコミュニケーション訓練などが行われることもある。

  • 鍵を握るリハビリ開始時期は発症から「2ヵ月以内」
  • 回復期リハビリ病棟で入院できる期間「最長180日」
  • リハビリを1日で受けられる時間「最大3時間」
  • 回復期リハビリテーション病院の病棟基準「3段階」
  • 回復期リハビリに関わるスタッフ「9種類」
  • リハビリ療法の種類は理学療法・作業療法・言語療法の「3種類」
  •  リハビリ実地日数は「365日」
  • 高い住宅復帰率は「85%以上」
  • 患者さんとリハビリスタッフの割合「1.5:1」