上限180日の入院可能期間|回復期リハビリテーション.net

上限180日の入院可能期間|回復期リハビリテーション.net

トップ > 覚えておきたい回復期の大事な数字 > 180日を上限に入院可能な回復期リハビリ病棟

180日を上限に入院可能な回復期リハビリ病棟

急性期病院は「命を救うこと」を大きな使命としており、症状が安定した患者さんは退院の必要があります。そのため入院期間や1日に受けられるリハビリの時間は短いのが特徴。一方、回復期リハビリテーション病棟は、対象となる疾患や重症度によって、最長180日という長期入院が可能となります。

厚生労働省が定める回復期リハビリテーション病棟入院基準

対象疾患 発症からの期間 入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷(わんしんけいそうそんしょう)等の発症後もしくは手術後、又は義肢装着訓練を要する状態 2ヵ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷 2ヵ月以内 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折、又は2 肢以上の多発骨折の発症後、又は手術後の状態 2ヵ月以内 90日
外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後 2ヵ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 1ヵ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヵ月以内 90日

注意ポイント!!

回復期リハビリテーションを受けるには、対象疾患ごとに決められた期間(1〜2ヵ月以内)に転院が必要! 治療・手術を受けた急性期病院に診療情報提供書を送ってもらい、期日内に転院することが必要です。まずは入院先の看護師さんまたは連携室にご相談を。

  • 鍵を握るリハビリ開始時期は発症から「2ヵ月以内」
  • 回復期リハビリ病棟で入院できる期間「最長180日」
  • リハビリを1日で受けられる時間「最大3時間」
  • 回復期リハビリテーション病院の病棟基準「3段階」
  • 回復期リハビリに関わるスタッフ「9種類」
  • リハビリ療法の種類は理学療法・作業療法・言語療法の「3種類」
  •  リハビリ実地日数は「365日」
  • 高い住宅復帰率は「85%以上」
  • 患者さんとリハビリスタッフの割合「1.5:1」